遺産分割協議・調停・審議は弁護士にお任せください

遺言書作成の無料相談事例

遺言書作成の無料相談事例(相談時間40分)

私達夫婦は再婚同士であり、私、主人含お互いの子供が一人ずついます。そして、私達夫婦の間に1人子供を儲けています。
夫婦共有の貯金が350万。主人が死亡時の生命保険1,500万住宅ローンが残っていますが1,500万(売却すると1,000万ほど)前妻は我が家の家計状況を把握しておらず、離婚後も無理難題を言ってきては慰謝料の増額を言ってきて支払ってきた状態が続いています
もし私が死んでしまったら主人、子供たちにもお金の迷惑がかかるのではないかと不安ですし、もし、主人が亡くなったと思ったら不安です。今後の相続手続き、遺言書を作成したほうがよいかも相談させてください。

遺言書作成の無料相談事例②(相談時間40分)

息子と娘が二人います。自分の資産をどう相続すればいいかを年齢も踏まえて、考え始めました。息子はあまりにも親不孝な事をしてきたので、最低限の遺産しか渡したくはないのですが、どうすればいいのでしょうか。土地と預金1,000万があります。土地は娘に渡したいです。そうすると現金は息子へ渡すのが義務になりますかなるべく息子に残さないようにする生前に出来る手立てはありますか?

遺言書作成の無料相談事例③(相談時間1時間)

もし夫が愛人の子に保険受取人にする遺言を公正証書として残していたら(契約内容は変更されていない)、契約書上の受取人(実子)には支払われないことになるのでしょうか?

遺言書作成の無料相談事例④(相談時間1時間)

遺言書を作成しようとしていります。長女、長女の旦那、長女の孫1人、長男に分配希望です。そこで、以下のことが遺言書で指定できるかを教えていただいきたいです。

相続物件は、

①土地2,000万相当(この土地は将来的に売却するつもりです)
②土地300万相当
③預金少々

妻は他界しており、法定相続人は、長女、長男と理解しております。孫にも譲りたい場合は生前贈与をすべきなのでしょうが、なるべく税金を抑えた方法でと思います。そこで、長男には②、③を。いったん長女に①を相続後、土地売却金を旦那と孫に分配して欲しいと考えています。土地売却金の分配比率も記入して残すのは遺言書で有効でしょうか。また後々も分配比率の点でもめないようにするにはどうすればよろしいでしょうか。

遺言書作成を行いましょう。所長の櫻井が遺言作成のお手伝いいたします。依頼者様のご希望を丁寧にお聞きし、どの相続人にどの遺産を遺したいか、あるいは遺したくないか、依頼者様の意見がしっかり反映された納得の出来る遺言書作成をお手伝い致します。

2017/12/12